【事業主様】節税にもオススメ!毎月定額で車を所有する方法

事業主様必見

車を利用した減価償却の仕組みを詳しくご説明、新車と中古車の耐用年数の違いやNORELを利用した節税方法をご紹介致します。

さらに車を乗り換えれるNORELは事業主様にとって有効です。

原価償却とは?

減価償却とは?

事業主様にとって常に意識しなくてはいけない事…そう税金ですよね。

車の購入費を経費計上する際に重要になってくるのが減価償却です。

減価償却とは購入した資産が時が経つにつれ価値が目減りしていく中で、その経過に合わせて費用化する事を言い、その資産を利用するだいたいの見積もられた期間を耐用年数と言います。

個人事業主様であれば定額法(購入金額÷耐用年数)で計算しますので

要するに、100万円で購入した車の耐用年数が4年であれば1年間で25万円を4年にわたって経費計上する事になります。

なぜ減価償却の手続きをする必要があるの?

正味の利益を算出するにあたり、財務会計上、資産を購入した費用と収益の因果関係を調整するために必要だからです。

例えば、100万円で購入した4年の耐用年数のある車を購入した年に100万円そのまま経費計上してしまうと、翌年にもその車を使って収益を上げているのに経費計上する事ができないので、結果的に翌々年に納税する金額が不自然になってしまう事があるからなんですね。

購入する金額によっては一括で償却できるようですが、資金繰りにおいて原価償却は大事なポイントとなります。

さらに詳しくは税務の専門家である税理士さんへ相談してみましょう。

 

減価償却に適しているのは新車?中古車?

ではその減価償却の手続きをするにあたって適している車はどんな車なのでしょうか?

新車を購入した場合と中古車を購入した場合を償却期間をまとめてみました。

 

新車の耐用年数
軽自動車 4年
普通自動車 6年

新車であれば4年あるいは6年の耐用年数となります

 

中古車の耐用年数
耐用年数の一部が経過した車 「新車購入時の耐用年数-経過年数」

+

「経過年数×20%」=耐用年数

耐用年数がすでに経過した車 2年

耐用年数の一部が経過した車の計算方法は例えば

3年落ちの普通車の中古車だった場合

新車購入時の耐用年数(72ヶ月)-経過年数(36ヶ月)=36ヶ月

経過年数(36ヶ月)×20%=約7ヶ月

の計算になりますので、1年未満は切り捨てになるため耐用年数は3年(36ヶ月)となります。

すでに耐用年数が経過している車は2年の耐用年数となります

 

したがって同じ金額で車を購入するとしたら、新車の場合は中古車に比べ償却期間が長くなりますし、中古車の場合は新車に比べ償却期間が短いので1年で計上できる金額は多くなります。

もちろん会社の規模や財務事情にもよりますので、結論、どちらが適しているかは簡単に判断できないです。

よく中小企業の社長さんが車を2年ごとに買い替えている姿を見ていると、償却期間が2年の車を選んでいる方が多い気がしますが…

 

節税にもオススメのNOREL

あれこれNOREL

車を購入し経費計上するにあたりネックになってくるのが車検ですよね、車検は2年に1回やってくるので車がどれだけ消耗しているかで費用が変わってきます。

なので事前に予算を算出しずらいかと思うのですが、NORELは月額費用の定額料金で車を所有する事ができるので、例えば29,800円(税抜)のプランを2年間利用したとしたら

29,800円(税抜)×24ヶ月=715,200円(税抜)+年会費

だけとなり、それ以外の費用は発生しないので予算組みをしやすいのが特徴です。(駐車場代やガソリン代は含まれていません)

 

NORELで利用できる車

 

アウディ TT

アウディ:TT

2シーターのクーペで人気のTTは女性男性問わず人気の車種です。

経費枠に余裕がありそうであれば、こそっとお出かけ用に利用してみてはいかがでしょうか?

 

ホンダ エリシオン

ホンダ:エリシオン

エリシオンの室内は非常に広く、荷物がたくさん入ります。

お仕事で荷物を運びたい時や何名か送迎する必要がある時には重宝する車種です。

 

メルセデス・ベンツ C200

メルセデス・ベンツ:C200

事業主様と言えばベンツ!

圧倒的な存在感のある一台ですので、これに乗って取引先様とゴルフに行かれる場合にも安心です。

 

まだまだ在庫はたくさん!

上記の車種はほんの一例で、軽自動車~SUVまでたくさん選べますので一度ホームページでどんな車種があるのか検索してみてくださいませ

さらに、NORELは3ヶ月(90日)の最低利用期間がありますが、それが過ぎたら今回はワゴンにして、次回はセダンにする、などのように車を自由に乗り換えることができます。

「クルマを自由に着替えよう」をコンセプトにしているNORELならではのサービスと言えます。

 

まとめ

NOREL

今回はお金の事ばかりを書いてしまいましたが、車とお金は密接に紐づいているので非常に大切なことですね。

実際にNORELをご利用頂くお客様の中では事業主様の方も多くいらっしゃいます。

分かりやすい会計と快適なカーライフを私どもでお手伝いさせて頂ければと思います。