知っているようで知らないお得なETCのサービスでNORELと共に支払いをスマートに!

スマートに行こう

最近では高速道路を途中で降りて乗りなおしても、2重払いにならないというCMの影響でETC2.0の認知が広まってきましたね。

今回はそんなETCの詳しい利便性や高速料金と車の維持費を一括して管理できるNORELの利便性をご紹介致します。

 

良く分からないETC利用の割引、ETC2.0とは?

近年、その便利さとメリットからETCの利用者が増えていて、皆さん当たり前のようにETCを活用されていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

ETC割引の詳細

ETCゲートイメージ

【休日割引】

ネクスコ西日本・中日本・東日本区間内の大都市近郊区間を除く区間で、約30%の割引がで適用となります。

土・日・祝は終日適用となりますので活用しやすい割引サービスですね。

※軽自動車・普通車のみ適用

 

例えば、東名高速を利用した場合

東京IC→名古屋IC 往復約14000円(通常料金)

東京IC→名古屋IC 往復約10000円(休日割引)

なのでかなり料金に差があります。

 

【深夜割引】

ネクスコ西日本・中日本・東日本区間内の大都市近郊区間を含む区間で、0-4時の間を少しでも含む走行であれば約30%の割引が適用されます。

例えば、0-4時を少しでも含む走行なので、朝方3時ごろに高速道路を入り7時に高速道路を出た場合にも適用になります。

 

【平日朝夕割引(通勤割引)】

ネクスコ西日本・中日本・東日本区間内の大都市近郊区間を除く区間で、平日の6-9時・17-20時の間に対象区間の入口か出口を通過すると適用になります。

月間の利用回数に応じて割引適用額が30%~50%になります。

※ETCマイレージサービスに加入する必要があります。

【ETCマイレージサービス】

高速料金の10円につき1ポイント(場所によっては100円につき1ポイントの区間もある)

貯まるサービスで、そのポイントは溜まった分をそのまま高速料金として使えるので、頻繁に高速道路を利用する方には嬉しいサービスですね。

 

ETC2.0とは

ETC2.0

言わば進化版のETCのようなもので高速道路上に存在しているITSスポットを活用する事で広範囲(最大1000km)の渋滞情報や災害情報を確認する事ができ、落下物や事故が道路の先にあった場合に事前に知らせてくれるので安心ですね。

また、限られた場所になりますが一旦高速から降りて、乗りなおしても2重払いにならないようにできる場所も増えています。

さらに、ETC2.0のみ適用できる割引区間もあるようなので、新しくETCを付けるのであれば2.0にした方がお得な要素は多いですね。

 

※上記の内容は2016年9月時点での調べになります。

2016年6月3日から阪神高速も首都高速と同じように距離に応じた料金に変更しているみたいで、阪神高速は独自の割引があるようです。

さらに詳しくは阪神高速のドライバーズサイトをご参照ください

 

ETCカードの種類

ETCカードイメージ

ETCといっても、そこには様々な種類があります。まずはETCにはどの様な種類のものがあるかを見ていきましょう。

一体型と専用型のカード

ETCカードは一般的にはクレジットカードと紐づいているももですので、クレジットカードにETCの機能を含めたタイプ(一体型)とクレジットカードとETC専用カードとでカードを分けて持つタイプ(専用型)との2タイプあります。

 

ETCカードの種類

ETCカードには3種類あり、その特徴はさまざまです。

 

【ETCカード】

一般艇なクレジットカード会社が発行しているETCカードになります。

多くの方はこちらのカードを作って利使用されています。

 

【ETCコーポレートカード】

あまり一般の方には存在が身近ではないかもしれませんが、運送会社様の多くはこちらを利用していて、組合さまが一括して契約をする事で大口多頻度割引を利用する事ができます。

大口多頻度割引に関しては契約内容などは専門性が高く、あまり一般の方にはご縁が無いのでここでは割愛させて頂きます。

【ETCパーソナルカード】

クレジットカード会社でETCカードを作りたくないという方の為に、高速道路会社が発行しているETCカードになります。

ただし、こちらの場合は契約時に20,000円の保証金(デポジット)を振り込まなくてはならないです。

 

3種類紹介しましたが、多くの方は【ETCカード】を利用しています。

 

NORELでスマートな支払いを実現

NORL説明

NORELの利用料金は月々定額(駐車場代やガソリン代は含まない)で利用できクレジット決済に限りますので、高速道路の料金と一緒に引き落としでスマートに、かつ経費管理がしやすいのが特徴です。

料金も29,000円~と非常に安価に利用する事ができ、車検もお客様からする必要が無いので年によって負担する費用が大きく変動する事がありませんで安心ですね。

 

車の着せ替えができるNOREL

NORELは最低利用期間の3ヶ月(90日)が過ぎたら車を乗り換えることができます。

もちろん同じ車で継続もできますが、軽自動車→セダン→ミニバンのように車の着せ替えを実現できるNORELならではのサービスは何かと利便性が高いですよね。

利用できる車種の一部をご紹介致します。

 

ダイハツ:コペン

ダイハツ:コペン

おしゃれなフォルムが人気

 

ホンダ:エリシオン

ホンダ:エリシオン

大容量で7人乗りで人気

 

トヨタ:クラウン

トヨタ:クラウン

高級車の代名詞

 

BMW:X5

BMW:X5

走るSUV

まとめ

このように、さまざまな車に乗り換える事ができるNORELは新しいマイカーの形と言えます。

クレジット決済で高速料金と一緒にスマートな御支払いを実現し、お客様のカーライフが今よりさらに良くなりますようサポートさせて頂きます。