よくある中古車を購入してからのトラブルや車検の仕組みをご紹介

よくある中古車を購入してからのトラブルや車検の仕組みをご紹介クーリングオフの対象外である中古車を購入した後に多いトラブルや車検のおおよその費用をご紹介!さらにそのトラブルや車検の問題を解決する画期的なNORELのシステムも合わせてご紹介致します!

よくある中古車を購入してからのトラブル

※自動車公正取引協議会調べ


中古車を購入後に多いトラブルとしては「品質・機能」がダントツで多いようですね。
 
その中でも一番多い内容が「不調・故障」が約33%と圧倒的です。
ではなぜ、車の購入後に不調や故障が発生するのでしょうか?
ほとんどの理由は、今あるこの状態で納車する現状販売で購入したケースで、お客様自身が車の現状のコンディションをしっかり確認していない事や、車検切れが近いからといってコストを削減する為に特に整備をせずに納車する事が考えられます。
特に来店せずにインターネットで購入する際は、お店側もトラブルが起こりやすい事を想定した上で対応策を考えなくてはなりませんね。

車種ごとの車検にかかる金額

車検切れが近づくと「あ~もうすぐ車検か」と少し憂鬱になるものですが、車検でかかる費用はだいたいいくらぐらいなのでしょうか?
車の基本的な維持費

法定費用に関しては

車種によりほぼ固定された金額なのですが、法定費用に関しては車種によってバラバラですが、ほとんど固定されております。
例えば、平成27年式の車両重量が1.5トンのホンダ オデッセイだった場合

 

自動車重量税 約24,600円(重量による)
自賠責保険料 25,830円
印紙代 1,800円
合計 約52,230円

となりますが、重量税に関しては古い車か新しい車かで税額が変わってきますし、エコカー減税の対象者であれば上記の金額よりも安くなる事があります。

車検基本料に関しては

代行手数料以外は店舗によりさまざまなのですが、車の消耗具合で大きく変動してきます。
車検の結果、タイヤを交換しなくてはいけなかったりオイルやエンジン部分に欠陥が見つかったりなど、複数の要因が見つかった場合にはかなり高額になるケースがある事は理解しておいたほうがいいですね。

中古車の年間維持費

ではの車検代や1年に一回ある自動車税も含めて、いったい車を維持するのに年間いくらぐらいかかるのか?
なのですが、ボディタイプごとにまとめてみたので参考にしてみてください
(年式・車体重量・排気量・任意保険によってさまざまなのでざっくりしていますがご了承ください)

軽自動車の場合

三菱:ekワゴン出展:221616.com
約150,000円~200,000円ほど(ガソリン代や駐車場代は含まない)

軽自動車の利点はコスパの高い部分にあります、車検代や自動車税が普通車に比べて断然安いのでコスパ重視の方にはオススメです。

小型車の場合

トヨタ:ヴィッツ出展:221616.com
約200,000円~300,000円ほど(ガソリン代や駐車場代は含まない)

大ヒットしたトヨタのヴィッツやホンダのフィットが代表的なボディタイプなのですが、普通車よりコスパ重視で軽自動車よりも馬力が欲しいという方にオススメです。

セダンの場合

トヨタ:マークX出展:221616.com
約250,000円~350,000円ほど(ガソリン代や駐車場代は含まない)

同じセダンでも排気量で税額や保険料が大きく変わります。
5ナンバー車とい3ナンバー車では年間100,000円前後ぐらいの差が出てきますので購入の際はご注意ください

SUVの場合

日産:エクストレイル出展:221616.com
約250,000円~400,000円ほど(ガソリン代や駐車場代は含まない)

SUVは重量は最小で900kgぐらいのものからランドクルーザーぐらいの大きさになると2500kgほどの大きさまであるので、車両の大きさによって自動車税・自動車重量税にかなりの変動があります。

ミニバン・ワゴンの場合

トヨタ: 出展:221616.com

約250,000円~350,000円ほど(ガソリン代や駐車場代は含まない)

 

ワゴン車に関してはSUVほどの開きはありませんが、ステーションワゴンからミニバンまで車体の大きさはさまざまなので、多少変動します。

排気量の大きさはワゴンもミニバンもあまり変わらないのですが、自動車税は40,000円を超える車種も多いですね。

 

定額制のNORELは車検が不要

NOREL料金プラン
NORELは定額制のサービスで、月々の定額料金を支払いさえすればマイカーを所持できますので、他のわずらわしい維持費は一切かかりません(駐車場代・ガソリン代は除く)

ですので車検で発生するお金を考えると、NORELを利用した方が車を購入するより安く済む事があるかもしれません

 

さらにNORELは3ヶ月(90日)の最低利用期間を過ぎたら車両を変更する事も可能ですから今回は家族で出かける用事が多いのでミニバンにして、次回はあまり利用する機会が少ないから小型車にする。などの利用頻度に応じて車種を変更する事が可能です。

 

なのでお車の購入を検討している方にはぜひNORELの利用をオススメ致します!